キスマークを付けたまま帰宅した人妻

相手の性別年齢職業
女性39歳主婦
出会った場所利用サイト投稿日
新潟 三条市wakuwakumail2017.10.31

人妻と密会するようになって6回目のセックスの日のこと

出会い系で知り合ったその人妻はけっこうエロい女で、魅力的だった。

しかもエロい女にありがちな太々しいところがほとんどなく、気だてがよくていい女なのだ。彼女の夫は、なぜこんな奥さんを出会い系で浮気させるほどに放置していたのだろうと思った。

立場的にはその人妻の欲求不満解消に付き合っているだけで、完全な体の関係なのだが、俺はいつしか彼女に愛情を抱くようになっていた。彼女とのセックスが気持ちいいのは言うに及ばず、一緒にいると心まで満たされるようになっていた。

こうなると彼女を独占したいと思うようになる。

「明日の夕方また会って欲しい」

「明日は無理よ・・・あなたとは週に一度、火曜日の午後だけって決めているから」

人妻は慎重に浮気することを知ってはいるが、知っているだけに無理を言いたくなる。そんな風にだだをこねたくなるのは、彼女を愛している証拠だった。でも受け入れられなかった。この関係を長続きさせたかったら私の言うとおりにして、とぴしゃっと言われる。

何かほかに方法がないだろうか。

彼女を独占する方法。

俺はふと思いついた。

(こっそりキスマークをつけてやろう)


人妻の体の色んなところにキスマークを付けた結果

6回目のセックスのときだった。火曜日の午後3時。

その日は夫が早めに帰ってくるらしく、最大でも2時間で終わりにしたいという。

「遅くとも5時にはここを出たいわ」

キスマークをつけることはすでに決めていたので、早く終わりになっても構わない。別れても、俺のキスマークは彼女と一緒に帰宅するのだから。

普通にセックスを始めたが、その日俺はいつもよりもエキサイティングしてみせた。激しくディープキスし、むさぼるように乳を舐め、執拗にクンニした。これは作戦で、キスマークをたくさんつけやすくするためだった。

「どうしたの? そんなに熱くなっちゃって」

「いつもより早く終わりになると思ったら、激しく求めたくなって」

そう言うと、波に流されるように彼女も乱れた。

俺はどさくさに紛れ、彼女の首筋、肩、背中、太腿の裏、尻にたくさんキスマークをつけた。その部位を選んだのは、本人から死角になりやすいからだ。

セックスは90分ほどで終了。

「どうして今日はご主人早いの?」

「ええ? それを聞くの? 私とエッチしたいみたい・・・どういう風の吹き回しかしらね・・・かれこれ半年ぶりかしら」

今晩彼女が夫とセックスすることに嫉妬したが、彼女につけたキスマーを見てほくそ笑んだ。

口で吸われたとしか言いようのない生々しい肌の充血を夫が見たらなんと思うだろう。

ちなみにその人妻とセックスしたのはそれが最後だった。

「あなたとは、もう会えない」

そのメールを最後に、連絡が途絶えた。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















キスマークを付けたまま帰宅した人妻