低レベルの日用品のように見えた痴女のマンコ

相手の性別年齢職業
女性22歳フリーター
出会った場所利用サイト投稿日
富山 高岡市wakuwakumail2017.09.13

痴女の日常会話には「チンコ」と「マンコ」が普通に登場する

「ところであんたのチンコ勃起したら何センチになるの?」

雰囲気のあるカフェでおいそれと口にできる言葉ではないが、彼女は平然とそう言い、カフェラテをひと口飲んでミニスカの美脚を組み直す。

カウンター席に並んで座っているので網タイツの太ももがばっちり見える。

さっきから下半身が勃起気味なので、悟られないように少し体をねじると、女がそれに気づき「もしかしてっ もう勃ってんの?」と俺のチンコを握った。

「ちょっと・・・」

「えへへへ・・・いつもの癖なんだ。ごめんね」

「癖と言われても・・・」

触られて、さらにチンコが固くなる。

「触った感じだと、長さは平均サイズでしょ? 太さはどうかしら・・・私のマンコはね、太いのがお好きなのよ」

明らかに彼女は痴女だった。

性的な単語を平気で口にするし、簡単に男の体を触ってくる。自分の体を触られても平気で、俺はその上品なカフェにいる間、彼女の太ももを触ったし、店員の目を盗んで乳も揉んだ。

痴女に出会うとは思わなかった。


真似して口にするうちに違和感なくなるから不思議

だが俺にも変化が表れた。

彼女と会話するうちに、俺も平気で淫語を平気で口にするようになったのだ。普通の女性の前ではとても口にできないようなことを平然と言った。

「これからホテルでハメる?」

「ハメてもいいよ、えへへへ」

「ああ、もうチンコ限界・・・我慢できない」

「実はね、私のマンコも濡れちゃってんのよお~早くハメてええ」

その痴女とホテルでセックスして不思議に思ったことがある。彼女の乳も性器もまるで日用品のように身近なものに感じられたのだ。

さすがと全裸になられたときにはドキドキしたが「私はクサマンだから洗ってくるよ~」と言ってバスルームに消えたときはげんなりし、女性器が台所のすり鉢のように思えたのだった。俺も自分のチンコがすりこぎ棒のように見えた。

セックス2回やって気持ちよかったが味気なく、女性との初セックス特有の緊張感や興奮のようなものが微塵もない。すりこぎ棒をすり鉢に突っ込んでかき回し、白くて粘々した山芋エキスが飛び散った感じだった。

開放的でわかりやすい痴女に出会えたのは嬉しかったが、男にとって女体はもう少し「遠くにありて思うもの」のほうがいいと感じる。

彼女とは2週間くらいで別れたが、痴女との付き合いはその程度が限度だと思う。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















低レベルの日用品のように見えた痴女のマンコ