彼女がキャッシュバッカーをやめた理由

相手の性別年齢職業
女性22歳女子大生
出会った場所利用サイト投稿日
長野 須坂市wakuwakumail2017.12.25

平均して月に30Kは稼いでいた女子大生

ショートボブスタイルの髪型をした小顔の彼女に「こんにちは。貴女に興味をもったのでメールしました」と何気なくメールしたら「ひやかさないでね、私はまじめに相手を探してるのよ」と説教するようなメールが来た。別にひかしたつもりはないが、自分がまじめに相手を探している女であることを強く自己主張してくる。

「本当なんだよ・・・まじめなんだから」

その少々変わった女子大生にさらに興味を持ち、しばらくメール交換した。

話すうちに彼女は自分の過去を語り出した。それは身の潔癖をあかすための告白だったかもしれない。

彼女は別のサイトでキャッシュバッカーをしていたようだ。男性からのメールに豆に返信してポイント稼ぎ、それを換金する。男性の相手をした女性にポイントを進呈するのは、出会い系の「出会い」を円滑にするためのサイトが側の施策らしいが、サイトによってはそれを換金できることもあり、彼女はそれで月に30Kほど稼いでいたようだ。ちょっとした小遣いになると思ったらしい。

「メール返信してもね、あたりさわりのないこと書いて、絶対に会わないの。会えるか会えないかぎりぎりのところまで相手を誘導してポイントを稼ぎ、最後には「縁がなかったと思うしかないわ・・・ほかを探してくれる?」と切っちゃうの・・・相手の男性には悪いと思ってたけど、ゲーム感覚で楽しんでいたかな」


あのときは失恋したけど・・・もう一度恋したくて

ところがある日、ターゲットにした男性が写メを送ってきた。その顔はイケメンではないが、彼女の心に響く男だった。彼女はメールのやりとりをするうちに恋に堕ち、本当に会いたいと思うようになったらしい。彼女はその男性に限ってはキャッシュバックをやめ「ぜひ貴方に会いたい」とメールした。男性は会ってくれた。

(私は出会い系で何をしていたのだろう・・・こんな素敵な出会いがある世界だというのに)

しかしデート初日、彼は1~2時間会話したあと、ここまでにしたいと言った。

「ごめん・・・君が悪いわけじゃない。君は十分に魅力的な女の子だ。でも俺のタイプじゃない。これはしょうがない。好みというものは誰にでもある。合う合わないは必ずある。君とは縁がなかったということ。ほかを探してくれないかな」

あっというまに失恋した。

バチが当たったのだと思ったという。長いことネット上の罪のない男性を騙してきた結果、不幸が自分に降りかかってきた。

それから彼女はキャッシュバッカーをやめたらしい。これからはまじめに男性に接し、まじめに男性と向き合いたい。そしてまた、あの彼に出会ったときのような、どきどきする恋の予感に浸ってみたい。あのふわふわした気分が忘れられない。

「俺でよければ、君の罪の償いと、恋への憧れを同時に受け止めてもいいよ」

「会ってみようかな・・・」

彼女が目的を果たしたのかどうかは、詳しく聞いていないのでわからない。でも今では週1回セックスする仲なので、相愛の仲になれたと言っていいかもしれない。

キャッシュバッカー。

男性から見たらはなはだ迷惑な存在だが、彼女がその悪質に気づいたとき、彼女はとてもいい女に変身する。

出会い系にいる男の気持ちがわかる女になれる。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















彼女がキャッシュバッカーをやめた理由