好きな男が相手なら女は何度でもロストバージンするらしい

相手の性別年齢職業
女性24歳大学院生
出会った場所利用サイト投稿日
新潟 新潟市wakuwakumail2018.07.12

好きな男を受け入れることは、処女を捨てることと同じ

出会い系サイトのワクワクメールで知り合った24歳の処女とセックスした。

その日は記念すべき彼女のロストバージンの日だった。

と書くと読者の大半は羨ましがるだろう。

実は嘘だ。

彼女は20歳でロストバージンして、経験人数3人という経験者だ。だが彼女は俺とのセックスのあとに「またロストバージンしちゃった」と言った。何のことかにわかに理解できずにいたら、その大学院生はきちんと説明してくれた。

(少なくとも彼女にとって)好きな男を受け入れることは、処女を捨てることと同じなのだそうだ。深い愛情と覚悟がなければ女の体内に男のものを受け入れることはできないし、その思いは処女を捨てるときの思いとほとんど同じだという。二人目以降は痛みこそないが、胸に響いてくる女の不安と期待のときめきは、最初のロストバージンの瞬間とほとんど変わらないらしい。

「新しい男ができるたびに、君は処女に戻るということか」

「そうなるかしら」

セックス経験のおかげで体はふっくらと丸みを帯びてセクシャルだが、彼女自身は常に処女なのだ。


男と別れたら処女膜が再生されたらいいのに

女性器はあきらかに経験者のそれだった。俺も大学生の頃、同じサークルの年下の女子大生の処女を奪ったことがあるが、とてもきれいな女性器をしていた。マンビラとはほど遠い陰唇は固く閉じていて、おまけになかなか濡れてくれず、こじ開けるのが大変だった。あれに比べたらかなり使い込んだ女性器で、グロテスクですらある。

だがその年季ものの女性器には透明の処女膜が張ってあるのだ。

男と別れるとすぐに再生され、次の男に破られるのをひっそりと待つ透明の処女膜。また好きな男ができると彼女は処女のように純真になり、その男の進入に不安と期待を抱く。そして透明のベールを破るのだ。

それが透明でなくて、本物の処女膜だったらいいのにと思う。男と別れたら本当に処女膜が再生されたらいいのに。

そうすれば彼氏のいない女はみんな処女ということになる。

そんなことを考えながらグロいマ○コに肉棒を突き刺して激しく抽送した。

処女とは思えない高い喘ぎ声を上げる彼女の緊張した眉のあたりに、どこか処女を思わせる新鮮なしわができていた。

その日は彼女にとって4回目のロストバージン。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















好きな男が相手なら女は何度でもロストバージンするらしい