静岡駅で待ち合わせ、ホテルセピア想い出ストーリーで即ハメした体験談

shizuoka
相手の性別年齢職業
女性28歳OL(楽器店)
出会った場所利用サイト投稿日
静岡 静岡市happymail2017.04.12

処女を捧げた最愛の男からフラれた女の心の傷

人が受ける心の傷の中で最も痛烈なものは「失恋」だと僕は思う。

僕は今年で35歳になる既婚男性だが、学生時代から何度もこの「失恋」を経験し、涙を流してきた。

今までの人生において、僕を振った女は通算4人。失恋も回数を重ねれば平気になりそうな気もするが、それはないようだ。1回目の失恋も4回目の失恋も同じだけ心に傷を残す。

なぜ失恋はこんなにも辛いものなのか。

それは異性への恋愛感情が性的本能に基づくものだからだ。性的欲求はことさら強く、食欲や睡眠欲に負けないほどの渇望力を持っている。失恋はその本能的欲求が否定されることと同義で、その痛みは計り知れない。

今回出会い系で知り合った女がまさしく失恋の痛みを引きずっている女で、失恋から10カ月も経過しているというのに、男から別れを告げられたときの情景が何度も鮮明にフラッシュバックされるという。

心と体を癒し、過去から自身を解き放つために出会い系に来たとは思うのだが、なかなか僕に心を開かず、しばらくは肉体関係にも発展しなかった。

「大好きだったから、23歳ときに迷わず処女をあげたんです。当然私だけのことを考えてくれて、ゆくゆくは結婚してくれると信じていました。でも交際4年で破局が来ました」

「彼氏はどうしたの」

「社長の娘と結婚しました・・・将来を考えたんでしょうね・・・もう、死ぬほど悔しくて・・・本当に死んでしまおうかって思いました」

限りなく合意に近い、やむを得ない失恋なら快復も早いだろうが、納得のいかない理不尽な失恋ほど傷も深く、快復も遅いのは僕も経験している。

「僕にも経験があるよ・・・26歳のときに結婚したい女が現れて交際したんだけど、その女には婚約者がいた。最後まで隠していた。俺を使って遊んだんだ」

「辛かったでしょう」

「ぶん殴ってやろうかと思った」

「殴ったの?」

「それをやっていたら僕は今ここにいない」

「ぶん殴ってやりたいって気持ち、私もわかります」

会うたびに身の上話を交わした。

辛いのは私だけゃない。失恋の痛みをしている人がここにいる。

彼女はそう思ったか、徐々に明るくなっていき、心にも余裕が見えだした。

ある日彼女が今さらのようにこんな質問をしてきた。

「ところであなた、既婚男性なんですよね」

「そうだけど・・・なんで今さら? 知り合って一カ月になるっていうのに」

「今まであまり意識していなかったから」

「妻子ありの既婚だよ・・・出会い系には浮気しに来ている。何か文句ある?」

「失恋の痛みを知る人なら、浮気される奥さんの気持ちくらいわかりそうなものですけど」

痛いところを突いてくる。


いい女になる第一歩は精子に触れること

「開き直っただけだよ。男と女なんてしょせんセックスの関係。アレをアソコにハメて気持ちよくなってはいさようなら。別に難しく考える必要はないって思ったんだよ」

彼女は恥ずかしそうに顔を伏せた。「アレをアソコにハメて」が効いたみたいだ。

失恋の実体は何か。

失恋を生物学的に解釈すると、自分の精子(卵子)と、相手の卵子(精子)が受精する機会を奪われることだ。

まさしく生殖本能が満たされないことを意味する。

だったら他の卵子(精子)で補えばいい。

失恋の傷をいやすには、他の異性を見つけることが一番。

「うちはセックスレスでね、これもある意味妻に失恋中のようなもの。だから僕は出会い系で他の女の卵子を探してるんだ」

彼女は納得したような、していないようなボーっとした顔で僕を見つめていた。

それから1週間後のデートの折、彼女が神妙な面持ちでこんなことを言った。

「私も、あなたとエッチしたら楽になるのかしら」

―やっとその気になったか―

「なるとも・・・君はただ単に彼の精子が欲しかったんだってことに気が付くよ」

彼女は麻酔にかかったようなボーっとした顔をして(もともとボーっとすることが多かったが、さらにボーっとして)ホテルについてきた。

入ったラブホは「セピア想い出ストーリー」

失恋した女の駆け込み寺のような名前のホテルだった。

「でもどうしてこうなるのかしら? 二人目の男が出会い系の既婚男だなんて」

ホテルに入ったら開口一番そう言った。

「私はこうやってだんだんと廃れていくのかしら」

「いや、だんだんといい女になっていくんだ」

交互にシャワーを浴びた後ベッドインした。

特に特徴のない普通の女体(Cカップの乳、ネット画像で当たり前のように登場する陰部と同じ陰部)だったが、小陰唇と膣口の間あたりに白い粕があった。

僕はその粕がマンカスであると思い、シャワー浴びたくせに不潔な女だとその粕をつまんで匂いを嗅いだら、なんと石鹸だったのだ。匂いを消すために過剰に洗ったのだろうか。石鹸を落としきれていないのだった。

僕は彼女の性器洗浄シーンを想像して興奮し、少々激しいセックスをした。

「コンドーム付けてください・・・・お願いっ!」

「最後は外に出すから心配すんな」

「イヤッ! アアンッ! ンンウンッ!」

我慢汁が子宮に届かない程度の浅めのピストンを3分ほど繰り返し、射精寸前に抜いて自分でしごきながら「あっはあっは」と呻きつつ彼女の腹に発射した。

どろどろの精子がへそのあたりにべったりとこぼれた。

「やだ・・・・何これ」

「彼氏の精子を見たことがないの?」

「いつもコンドーム付けてくれていたから」

「だったらよく見えておきなさい。これが男の精子だよ」

彼女は苦笑いしながら、ぎらぎらと脂っぽく光る精子をしばらく見ていた。

彼女とはセフレの関係になって、週に二回くらいのペースでセックスするようになった。

たまに中出しさせてくれる。

中出しすると僕も最高の快感が得られるが、彼女も勝ち誇ったような顔をして果てる。

精子をお腹に入れると、女も嬉しいのだろう。

失恋の傷はもう少しで癒えるはずだ。


今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















静岡駅で待ち合わせ、ホテルセピア想い出ストーリーで即ハメした体験談