僕がチクニストであることを打ち明けた日

相手の性別年齢職業
女性30歳OL(企画営業)
出会った場所利用サイト投稿日
静岡 焼津市ワクワクメール2021.06.23

ペニスより乳首を愛して欲しい

「あんっ、あんっ、入れて……」

股を開いて腰を浮かせて身悶える彼女。出会い系で見つけたそのセフレとは週に二回のペースでセックスしている。もともと体目的で知り合った仲なので深い関係になるのは時間の問題だった。本当は毎日でもいいが、互いの仕事が多忙なので会えても週二回。しかし会ったら必ずホテルに行く。

俺たちは性的にかなり満たされている方だと思う。だがやや不満もある。その不満は、簡単に人に言えない不満だ。

―乳首を刺激してほしい……ペニスより乳首がいい―

俺は実はチクニストなのである。長年の開拓によって乳首の感度が増し、性感帯の代表選手になってしまった。オナニーのときも乳首を触らないことはないし、乳首だけでイクことはできないが、その寸前まで達することが可能。だが彼女は「男の乳首が気持ちいいわけがない」という先入観のせいか、まったく乳首を触ってくれないのである。

「ああん、入れて」

「うん」

乳首を触っていないせいで、勃起力がいまいち。

俺はこっそりと乳首を転がして勃起力を強め、一気に挿入した。


「乳首がすごく感じる人なんだよね」とカミングアウト

これではセックスしていても100%の快感が得られないばかりか、乳首を触らないがために勃起力が弱く、彼女にも影響が及ぶ。もっと気持ちよくセックスしたいし、彼女を歓ばせたい。

俺はセックスの最中、こっそりと自分の乳首を触ることにした。それで何とか円滑なセックスを維持していた。

―ああチクニストぞ悲しき―

だがある日俺の密かな行為に彼女が気づいたのである。

「乳首触ってるね……なんで」

「なんでって」

「感じるの?」

俺は思いきってカミングアウトすることにした。

「俺さ、乳首がすごく感じる人なんだよね」

軽蔑されると思った。ゲイではないかと勘違いされるかと思った。しかし結果はその真逆だった。

「早く言って」

そのときから彼女は俺の乳首を丹念に愛してくれるようになったのである。触り、つまみ、転がし、舐める。

―ああ気持ちいい……最高―

そのおかげで勃起力が増したが、ピストン中も刺激してくるものだから射精が早くなった。これもどうかと思う。

―ああチクニストぞ悲しき―

この嘆きは今後も続きそうだ。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















僕がチクニストであることを打ち明けた日