生まれて初めてクンニした感想

相手の性別年齢職業
女性24歳アルバイト(マック)
出会った場所利用サイト投稿日
山梨 富士吉田市ミントC!Jメール2021.07.30

先輩いわく「クンニせずして女を知ったとは言えない」

先日、大学時代の先輩と飲みに行った。話題は女になり、セックスになった。

「おまえ、まだ童貞だっけ」

「いえ……二か月ほど前に卒業しました。ですから女は知っています」

「相手は会社の子?」

「いえ、ミントC!Jメールで知り合った子です」

「今でも付き合ってんの?」

「はい」

「クンニした?」

「クンニ……あ、クンニですか? クンニしてません」

「なんで」

「何となく」

「クンニせずして女を知ったとは言えないぞ」

先輩に言わせるとマンコにチンコを挿入したくらいで女を知ったとは言えないらしい。マンコを自分の舌で味わい、匂いを確かめてこそ初めて女を知ったと言えるし、彼女とセックスしたと言える。

「マンコは女そのものだからな」

言われてみればそういう気もしてきて、次の彼女とのセックスではぜひクンニをしてみようと思った。


女の悪臭にまみれたドロドロマンコを舐めまくった

童貞時代も含めて、オナニー時の妄想の中ではさんざんクンニしまくっていた。先輩の言う通りそこは「局部」というくらいであるから女の中心地。恥丘から膣口に至る柔らかな筋は、まさしく女のメインストリートなのである。

男は本能的にそこを舐めたがる。

オナニーの中では俺も男になっていた。

しかしいざ本物のマンコを前にクンニしようとすると、なぜか気が引いてしまうのである。

何だろう……不潔感だろうか。見た目の気持ち悪さだろうか。

「ねえ、クンニさせて」

乳を口で愛撫したあと、彼女にそうリクエストした。

「舐めてくれるのお?」

「うん」

「嬉しい……本当を言うとね、舐めてほしかったの」

俺はクンニに挑んだ。

そこはすっかり濡れていて、魚介のコラーゲンが溶けたようにドロドロ状態で、恥垢と愛液が混じった生臭い悪臭が溜まっていた。

(く、臭い……)

だがそこで先輩の言葉を思い出す。

『クンニせずして女を知ったとは言えないぞ。マンコは女そのものだからな』

俺は女を舐めた。

女は狂ったように感じてくれ、悶絶した。

マンコは女の中心部。

クンニは女を知るプレイだ。


今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















生まれて初めてクンニした感想