男に侵されていないピンクの乙女を頂きました

相手の性別年齢職業
女性19歳専門学校生
出会った場所利用サイト投稿日
長野 松本市PCMAX2021.08.19

処女なの? と聞いたら「うん」と恥ずかしそうに

昨晩はよく眠れなかった。

なぜなら19歳の処女を頂いたからだ。処女とのセックスの一連の営みが頭の中で何度も再現され、追加でオナニー三回。興奮冷めやらぬ夜だった。

場所は昼間のラブホテル。

相手はPCMAXで知り合った女である。

遊び目的で会い、カラオケしているときに「処女なの?」と聞いたら「うん」と恥ずかしそうに答え、その仕草がとても可愛くかつ色っぽかったのでムラムラし、その場で抱きしめて乳揉んだら「ここではいや」と腰を引き気味に抗ったので急遽ラブホに移動。彼女の乙女を奪った。

シャワーなど浴びている余裕はない。

服を脱いでもらい下着だけになると、下着を脱がす楽しみを得るために抱きしめて手の自由を奪い、俺の手で一枚一枚脱がした。

パンティを下すと肉丘にもっこりと陰毛の塊。ベッドに寝かせてそっと足を開くと、M字の付け根に、男を知らぬピンク色の乙女がいた。

「ああ、きれいだ」

俺は思わず吸い付いた。


しっとり濡れてピクピク震えてたピンクの乙女

おしっこの匂いなのかオリモノなのか恥垢臭なのかよくわからない臭いが漂う中、俺は乙女の粘膜に舌を這わせた。

乙女は生きていた。しっとり濡れてピクピク震えて、19歳の乙女は女であることを主張していた。俺は乳を舐めながら手マンを続け、彼女がようやく息を荒げて声をだしたところでコンドームを嵌めて亀をそっと乙女の入口にあてがい、ニュッと押し込んだ。

「あああ、痛い」

「すぐよくなるって」

そのまま竿の中ほどまで差し込み、ゆっくり抜き差しをした。竿に絡みつく愛液の中にうっすらと血液が見える。俺のペニスで乙女の膜を破ったことが快感だった。

(これが処女を奪う歓びなのか……)

かちこちに固まった彼女の体をほぐすように全身を撫でまわしながら高みに上って行き、負担を避けるために早めに射精した。いや、実際には乙女の破瓜に興奮し射精が早くなったのだ。

ああ寝不足だ。

もう一度乙女の膜を破ってみたい。

ああ。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















男に侵されていないピンクの乙女を頂きました