安っぽくて色気のないパンティ穿いていたバージン

相手の性別年齢職業
女性20代前半不明
出会った場所利用サイト投稿日
岐阜 大垣市PCMAX2021.09.28

ブス以上美人未満な体の大きな女

あの日ラブホに行くのだと前もって伝えていたら彼女は勝負パンティを穿いて来ただろうか。

強引に連れ込んだホテルでスカートの中から出てきたパンティは色気のないお粗末なものだった。

だがあれでよかったとも思える。

いかにもバージンらしいパンティだった。

ロストバージンにふさわしい。

彼女は20代前半のブス以上美人未満な体の大きな女で、まだバージンだと最初に告白してきた。俺が奪ってもいいかと聞いたら、時間をおいて「考えとく」とだけ言い、ノーマルな交際が始まった。

彼女がバージンだと知ると、俄然セックスしたくなる。バージンとしてみたい……。今までセックスしてきた女はみんな経験者。俺とセックスする以前にどこかの男とセックスしまくっていた巧者ばかりだった。

男を知らない女に男を教えてあげたい。

そして我慢できず、ある日ラブホにむりやり連れ込んだのである。


抵抗の末に出てきたのは安っぽくて色気のないパンティ

部屋に入っても、彼女はまだイヤイヤしていた。

「ちょっと待って……ロストバージンは考え中だって言ったでしょ」

「ここまできてそれはないだろう……後悔させないよ絶対。女の歓びを教えてあげる」

抗う彼女を組み伏せて、スカートを剥いだ。

すると紺色のブルマー風の粗末なパンティが出てきたのである。花柄のフリルが付いてはいるが、何度も洗濯するとしなびてしまうのか、それは糸くずのようにも見えた。

「やだもう、やめてっ!」

股を閉じて脚をルの字にすると、恥丘がぷくっとふくらみ、タテ筋ができた。

「ああ、もうだめだ」

バージンの恥丘を見てしまった俺はたまらずにそのパンティを脱がし、薄毛の恥丘に顔を埋め、舌を肉筋に埋め込んでバージンクリトリスを舐めた。

「あああ、だめだめ」

徐々に感じはじめ、股の力が緩くなり、彼女は俺の女になった。

無事にロストバージンを済ませた。ベッドの片隅に放り投げられた粗末なパンティが、捨てられたバージンに見えた。

彼女はそれから色っぽいパンティを穿くようになったが、あの日の粗末な紺色のパンティが忘れられない。

ときどき思い出してはオナニーしている。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















安っぽくて色気のないパンティ穿いていたバージン