仲良くなってくるとなぜかできなくなるクンニ

相手の性別年齢職業
女性27歳精米工場勤務
出会った場所利用サイト投稿日
富山 富山市ワクワクメール2022.06.06

出会った当初は狂ったようにクンニしていたのだが

男なら一度か二度はクンニをしたことがあるだろう。セックスの前戯でクンニしない男は男じゃない。憧れ続けたマンコ、妄想の限りを尽くしたマンコが今目の前に……。そこを舐めずしてどこを舐めるというのか。

ところがこの「クンニ」はくせ者で、ある日突然興味がなくなるのである。別に彼女がどうのこうのという問題ではなく、クンニとはそういう性質のものなのだろう。そのことについて書きたい。

俺の彼女はワクワクメールで知り合った27歳の女。太股とヒップの形がいい。胸もそこそこエロい。

出会った当初、俺は彼女にクンニしまくった。

それまで数年間女日照りだったので、マンコがほしくて仕方なかった。マンコを舐めまくるのが俺の希望であり夢だった。それが今実現している。

「もういい加減にして……頭がおかしくなりそ」

彼女にそう言われてもなおクンニし続けた俺だった。


気心が知れて仲睦まじくなった女のまんこは舐めにくい

ところがそのクンニへの渇望は、時とともに薄れていったのである。それは彼女と気心が知れて精神的な繋がりが次第に深くなっていったのと無関係ではないと思われる。仲良くなってくるとそれ以外の愛撫(プレイ)はするものの、クンニだけはなぜかしなくなる。できなくなる。したくなくなる。

飽きた、わけではない。マンコが嫌いになったわけでもない。これがほかの見知らぬ女のマンコだったらすぐにクンニするだろう。しかし気心の知れた彼女のマンコは、俺にとって舐めるに値しない存在になっていしまっている。理由はよくわからない。

「最近アレしてくれなくなったね」

この前彼女がそんなことを言った。

「アレって何」

「アソコをぺろぺろすること」

「そうだね……しなくなったね」

精神的な繋がりのない女のマンコは、その女の人格から離れて存在し、マンコの存在感をことさら主張し、俺はそれに引きつけられる。ところが仲睦まじくなるとどうやらマンコと人格が一体化し、そこはマンコでなく彼女の不潔な陰部に姿を変えるのだ。うまい表現が見あたらないが、舐めにくくなるのはそんな理由からだろう。

「じゃあ今日はしてあげる」

久しぶりに舐めた彼女のマンコは変な匂いがした。

それが男勝りで何事にも積極的な彼女の性格と重なり、嫌な気がした。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















仲良くなってくるとなぜかできなくなるクンニ